読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱・サザエさん症候群

死にたくなるような日曜日の夜に希望の光を。「きみもできる」!

はるおは何になるの?

こないだ、友達とLINEしてて

「はるおは何になるの?」
って聞かれて、考えたんですけど。


ちなみにこの灯台は地元・男鹿の入道崎。笑
是非みなさん行って♡笑



「はるおははるおにしかならないなぁ。」
って思ったんですよ。






そして思い出しました。
過去、こんなこと書いてたなって。








自分をひとつの会社みたいなもんと考える。



私、佐藤春華という人間がいますね。
これを会社だとしましょう。

ろくでもなさそうだ。笑




で。

会社には経営目的がありますよね。

で、会社はその経営目的を実現するために動いていきますよね。



そのために、いろんな事業を立ち上げますよね。


…まあ、よくわかんないけど。笑






必要な事業を企画して、ねりねり練って練って、会社を運営していく。



その中で新しく事業が増えたり、統合したり、ときには消えたりもする。








その過程が、佐藤春華の中でも起こる。と。
ただそういうことかな、と。


佐藤春華としてやりたいことがあって、
その実現のために色んな事業が立ち上がったり、
消えていったりするだけだな、

と。




たとえば、
仕事しながらも
バンドやったり
ボランティアしたり
副業したり(してないけど笑)
転職したり休職したり(してないけど笑)




それら、全部バラバラに感じられるようで、
全部全部、佐藤春華の理念にのっとって行われている事業に変わりはないんですよ。




やりたいことたくさん=ブレてるってわけではない。

私、大学四年の就職決める時、けっこう進路について悩みまくって。


外科医からエステティシャンから、教員から、ご当地タレントから

しまいにはニートまで考えました。笑



お母さんに内緒でハローワーク行ったし。笑






んで。


結局は

どの仕事も素敵だけど、
でもどれもしっくりこなくて。


「どこに就職しよう…」
「何になろう…」
「どうすれば、自分のやりたいこと、悔いなくできるんだろう…」

って、ずーっと悩んでました。




「なんかブレてるなあ、やだなあ。」

と思っていました。




しかしそんな時、友達(みく)から言われたんです。

ちなみに、これがみくです。笑
って顔分からんやないかーい!\(^o^)/


「いままで迷走してたとはるおは思っているかもしれないけど、
みくからみたらずっとずっと
はるおは『佐藤春華』に履歴書書いてたよ。動機の軸はぶれてなかったよ。」

と。言われたんですよ。





私、とっくに佐藤春華に就職してた。

みくにそう言われてね、気づいたんですよ。



佐藤春華として、素敵だな、やってみたいなと思うものがたくさんあるのは、ブレてるわけではないんだな、と。



この春に就職してからも、自分のやりたいことを実現するために、絶えず色んな事業が立ち上がったり、消えていったりするんだな、と。




なので、

佐藤春華が取り組むべき事業をどんどんやって、そのたびに佐藤春華として進む道を開拓していけばいいじゃん!!!!!!!!


私、さんざん迷ってたけど、

とっくに佐藤春華に就職してんじゃん!!!!!!!!

って思えたんです。




看護師として働くことも、来春からの新事業のひとつ、というだけです。





はるおは看護師になる!とか
はるおはニートになる!とか

そもそも、そうじゃないだろ、と。




はるおははるおです。

佐藤春華に生涯就職しています。



絶対クビにはなりません。
死ぬまで辞職もできません。(笑)


ならさあ、

「佐藤春華」、めっちゃ楽しくしようや。



その中で、働き方や職場がちょこちょこ変わるだけ。





その時に就職している企業の理念とか売り上げとか、それよりももっと大事。




わたしの生涯の目標は、

佐藤春華としてのやりたいことを達成すること。

はるおの軸や理念を常に意識すること。

自分のために、ね。



それだけです。





そう考えると、
ひえー!わくわくする!

ってなる。


佐藤春華㈱に乞うご期待♡(^ν^)


株式会社なのかどうかはしらんけど。笑



と、ここまではだいたい2年前の今頃に書いた記事です。

で、今どう思ってるかというと。

就職から1年3ヶ月ほど経ってみて

看護師のはるお事業はどうなったのか、と言うとね。


いろいろあったけどね。


とりあえず


わたし、もうすぐ仕事辞めます。笑


というわけで。

じゃん。


「はるおが、よわおなとき。」




お楽しみに〜♡
ウフフフフ