読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱・サザエさん症候群

死にたくなるような日曜日の夜に希望の光を。「きみもできる」!

恩返しはしなくていい。

こんばんは。

さてさて今ですね、

島根にきています!!!\(^o^)/

細かくは後ほど!笑


今週はなんと言っても!


退職!しました!!!!\(^o^)/

15日がラスト出勤。


辞めるまでの何日間は、思いの外名残惜しくて。

私だけじゃなく、みんなそうだったみたいで(笑)

退職フェスしてもらったり、プレゼントもらったり。




ただ仕事辞めてプー太郎するだけだと言うのに(笑)

ほんと、ありがとうございます。




退職してみて

いやーーー、ね。
最後の出勤日を終えて、思うことがありすぎて


島根についてじゃなくて
仕事辞めたことについて書こうと思います。

とにかくまあ、仕事出来なすぎた。


私の今回の就職は、何を隠そう新卒の何もわからん新人看護師。

そして私の職場にいたのは、全員10〜20年くらい経験のある、母親くらいの年齢の看護師ばっか。

もう、看護師としての経験も、人としての経験も

私と歴然の差なんですよね。


そして私もさ、非常識で適当で計画性なくて忘れっぽくておっちょこちょいなもんだからさ。



めちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃ
迷惑かけまくりました。笑



もう、怒られない日はなかった。笑


よく聞く話ですが


でも。



怒られるのもきついけど、毎日毎日怒ってくれた師長さんや先輩たちは、もっときつかったと思う。



…って、よく聞く話ですが。
本当にそうだったろうな、と思う。



怒るのって大変。


怒るのって、相当体力も時間も精神力も使う。


そして、決して楽しいことではないよね。


自分の仕事だけでも忙しい現場なのにね。
その仕事中にそんなふうに私に体力も時間も精神力もかけてくれたんだ、と。


今振り返ると、本当に本当にありがたかった、と。


なんか書いてることババくさいんだけど(笑)

今となっては、そう思う。



恩返ししたかった

そんなふうに、周りの皆さんにはたくさんお世話になったのでね。


こんな私でも、いつか超絶立派に自立して、恩返ししたいなあとか、思っていたわけですよ。


そして、怒られっぱなしも悔しいしね。笑


だから、すごく意地になっていた。





「ちゃんと、ほんとにちゃんと仕事出来るようになるまでは、辞めちゃいけない。」

って自分で自分に言い聞かせていた。




性格的にも、最後までやり通したい!って思う方ですし。


でも。

いろいろと思うところがありまして。

辞めたいな、って思って。


でもでもでも。


まだ私、全然恩返し出来てないよ!!!!!!!!


しかもちゃんと1人前になったとは言い難いよ、まだ!!!!!!!!!!!!


なのに、ここで辞めるんかよ私!!!!!!!!




なっさけなかった。

もーーーーうしわけなかった。

くっやしかった!!!!!!!!


それでも、辞めたいって思っちゃった。

続けますか?
やめますか?





そんな、なかなかどちらの選択肢も選べず、ぐるぐる悩んでいた今年の初夏。





そのときに私の超尊敬してる大好きなプリセプターさんがくれた言葉が素晴らしすぎました。


なので、紹介いたします。



恩返ししないといけないなんて、思わなくていいですよ。

私だって、新人の頃にお世話になった先輩たちに何が返せたかって考えたらね、何も返せなかったよ。


だからこうして私は、佐藤さんにたくさん教えているんです。私がもらったものを、佐藤さんや、次の世代の人へ、送っているんです。


子育てもいっしょ。親に育ててもらった子がまた親になって、自分の子を育てるでしょ。直接その人へ恩返しなんて、しなくていいんですよ。恩は、返すんじゃなくて、次世代へ送って送っていけばいいんですよ。



だからね、佐藤さん。ここでもらったものを、次の場所で、そのときの対象となる人たちへ還元していって、それでいいんですよ。



無理に「ここで」ってこだわる必要ない。
佐藤さんの人生なんだから。
佐藤さんが輝けるところで、佐藤さんの得意なところで、そこで佐藤さんらしく、がんばってくれたほうがずっといい。


私はそう思うよ。



…と。


あーーーーーー。





思い出しながら文字にしてたら涙出てきた!!!!!!!!!!!!笑


だってねえ

素晴らしくないですか?!?!?!

神様?!?!






はあ。

私も、こんなことをスッと言えるような素敵な大人になりたい。



と、こんな素晴らしすぎる先輩方に囲まれていた私。




どうやらいつの間にか

病棟スタッフも
病院でできた友達も
患者様も近所のバーも

みんな大好きになっていたようで。


気付けばここでの1年半の経験は、私の宝物になっていました。




毎日辞めたかったけど、でも、全部含めて私の財産です。





たくさんごめんなさい。
たくさんありがとう。
恩返しできなくて、ごめんなさい。



みなさんからもらったものを、どこかまた新しい場所で、何倍にも大きく育てて、世界に還元していきます。



ここにいたことも、ここを辞めることも、いい決断だったと言えますように。

と、こんなとこで。

今度こそ!

「はるお、島根で何してん?」


来週もお楽しみに〜〜♡

うふふふふふふは