読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱・サザエさん症候群

死にたくなるような日曜日の夜に希望の光を。「きみもできる」!

私の名は。

花粉症です


さてさてさて

みなさんいかがお過ごしですか。


私は絶賛花粉症でございます。

鼻かむか、
目をかくか、
くしゃみするか、

そんな人生です、最近。

くそー!!!!!






んでこないだ、同じく花粉症でくしゃみしてる友達に「ブレスユー」って言ったら、「マリーミー」って言われました。爆笑




違うから!!!!!!笑



はい、さて。


もはや色んな人にお話ししてるんですが、


今日は、今年の誕生日にあったことをご紹介したいと思います。

↑これはもらった焼酎、佐藤春華。笑





まじ、すげんだ。
すげかったんだ今年。






2017/02/11のダイジェスト


まずですね。
誕生日前夜ですね。



誕生日になった瞬間はシェアハウスにいまして。





で、お母さんとシェアハウスのリビングで電話していたら、急にケーキ登場。笑




不意打ちすぎだよ!
言ってよ!
知ってたらお母さんと電話しないよ!笑
(長いから)




いやあ、ありがとうございました。

(写真、この酒と映ってるやつしかない。笑)




んで、すごーくいい感じに飲んで

翌朝、みんなと駅での待ち合わせ場所に向かった私。





11日12日と、仲良しのみんなで合宿しよーぜ!という話になっていて。

ですが、その中でも私が大好きな子が1人、急に来れなくなったんです。

超絶残念だったのですが、まあ仕方ない。
その子も、とっても残念がっていました。










少し駄々こねつつ、当日を迎えた私。





待ち合わせ場所に行き、それっぽい車のドアを開けたら、







な、な、な、なんと







お面をつけた人がたくさん。笑




誰のお面かと言うとね
その合宿に来れなくなっちゃった子の仮面だったんです!!!!!!!!笑





すごい。
なんかもう、愛がすごくないですか。

みんなの優しさ(と光景の異様さ)で、
少し泣けました。笑






で。
車内にはクマのぬいぐるみが。



そして、そのぬいぐるみもお面をつけていて



「今日はこいつがちほ(来れなかった子)の代役だから」

とのこと。笑

↑こんな感じで。笑






で。


「これからアウトレットパークに行って、はるおの誕生日プレゼントを買いまーす。はるおはちほと買い物しててね」




と言われ



クマのぬいぐるみ持たされて、1人でアウトレットをうろうろ。笑


完全にやばいやつ。笑





んで、いろいろ買ってもらいました。

鍋とか。笑笑笑






で、宿について、
風呂入ったりごはん食べたりして、ひとしきり盛り上がったところで







突然、怒涛の手紙プレゼントコーナーが始まりました。笑



次から次へと出て来て
「それどーやって集めたの?!?!」って人のまで出てきて。
(秋田のじいちゃんばあちゃんのもあった笑)



なんとあとから数えたら
70通ありました。。笑




すごいよ。
みんなスパイかなんかになれるよ。笑






手紙をくれた友達に、テレビ電話たくさんつなぎました。

幸せだったなぁ。。







手紙の中に答えが


もうね、なんでこんなことしてくれんだ?と。

↑車内の装飾品とプレゼントたち。





そしたら、これが答えかなーっていうのが、手紙に書いてありました。










「はるお、愛の伝え方を教えてくれてありがとう。」

「人に愛を伝えることがどんなに幸せか、教えてくれてありがとう。」






愛っていうとちょっとスケールがでかすぎるけど(笑)

でもだいたいみんな、そんなこと書いてくれてたんです。




私が、大好きなみんなのことを大好きって言い続けた結果、こうなってしまったようです。笑




私の名は。

私の両親は、


「私がいることで、周りの人が、あたたかい気持ちになるような、"春の花のようなあたたかく華やかな空気"を作れる人になるように」




そんな願いを込めて、
私に「春華」という名前を
つけてくれたそうです。




それをはじめて聞いたのは小学生の時でした。


当時は「ふーん、なんかクサいこと言うじゃんお母さん」くらいにしか思わなかったんですが(笑)






でもね。


今年の誕生日の手紙のこともそうなんですが




私のやりたいことって
「周りの人に愛を伝えまくること」なんですよ。






そしたらなんか、


あたたかく華やかな空気を作れる人になれそうな気がする。




なので、最近になって、


「私の名前、私のやりたいことと似てるな」と


両親にシンパシーを感じはじめています(笑)




お父さん、お母さん

この名前をつけてくれて
そしてたくさんたくさん愛してくれて
ありがとう。










なんかめっちゃ恥ずかしいこと書きすぎてるだけでオチがつかないので、この辺で。笑



さてさて

じゃんじゃじゃーん


「18歳で死ぬと思ってた。」


来週…書けるかな…

がんばろ…